欧州委員会が中国での強制臓器摘出を爆破

NTDTV – 22年2014月XNUMX日火曜日にブリュッセルで、中国での臓器摘出に関する市民社会、欧州議会、NGO、医師、弁護士の代表者を対象とした注目度の高い会議が開催されました。 「スキャンダラスで容認できない」—それが欧州社会経済委員会が生きている臓器からの臓器摘出の慣行と呼んでいるものです…

中国での臓器摘出「スキャンダラスな慣行」

欧州経済社会評議会– EESC、プレスリリースNo 20/2014欧州経済社会評議会– EESCの会長、アンリ・マロッセは、ブリュッセルのEESCで開催された「中国での臓器摘出:欧州は今行動しなければならない」と題する会議を開きました。 。 彼は、そのような慣行が中国当局によって行われていることを「スキャンダラス」と見なしました…