「このドキュメンタリーは、臓器提供と移植、人権、医療、倫理、法律に携わる人々にとって非常に重要です…インタビューを受けた専門家の資格は申し分のないものです。」

—生命倫理調査ジャーナル

「以前、世界地理の授業で人権侵害について衝撃的なドキュメンタリーを上映しましたが、「Hard to Believe」について気に入ったのは、衝撃そのものに対処していることと、私たちが信じていないことを信じるのが非常に難しいという事実です。それについて誰かに伝えたい。 私の生徒たちは最後まで席に釘付けになりました。」

— Lance F. Howard、PhD地理学上級講師、クレムソン大学、米国

信じがたい

  • 13の映画賞を受賞

  • アメリカのPBSテレビで40回以上放送

  • 教育用ビデオライブラリアンマガジンによる「強く推奨」

「HardtoBelieve」は、中国の良心の囚人からの強制的な生体臓器摘出の問題と、世界中の反応、またはその欠如を検証するドキュメンタリーです。

2015年にアメリカのPBSテレビでリリースされて以来、「Hard To Believe」は12か国語に翻訳され、中国の医療従事者、大学の教室、一般の人々の移植犯罪に関する教育リソースとして使用されています。

映画の上映は、学校、組織、コミュニティグループが利用できます。

電話  hello@swoopfilms.com