GRC 法的諮問レポートとポリシー ガイダンス

「Do No Harm」: 国際的な医療機関や移植医療の専門家と交流する際の人権リスクを軽減する

 

(下にスクロールすると紹介ビデオが表示されます)

 

臓器密売、強制臓器収奪、非倫理的な臓器移植は世界的な問題です。国際法律事務所、グローバル ライツ コンプライアンス (GRC) は、「世界初」の法的諮問報告書と政策ガイダンスを発行しました。 「Do No Harm」: 国際的な医療機関や移植医療の専門家と交流する際の人権リスクを軽減する.

法的諮問報告書と政策ガイダンスでは、移植医療、研究、研修における国際協力のリスクと、それらの提携を管理するハードローおよびソフトローの義務について調査しています。 また、中国などの高リスク国に焦点を当て、リスクを軽減するための実践的なアドバイスを提供し、関与解除が必要となる可能性のある状況の概要を示します。

このアドバイザリには次の情報が含まれています 病院、大学、専門学会、医学雑誌、独立した専門機関、医学部、臓器移植分野の関連医療専門家を含む幅広い利害関係者に関連する。 弁護士、倫理学者、シンクタンク、政策立案者にとっても興味深いものとなるだろう。

 

英国医師会が支援する発表イベントをご覧になり、GRC Web サイトでドキュメントをダウンロードしてください こちら