インド首相、首相官邸(インド)、法務省(インド)、外務省(インド)、国家人権委員会(インド)、インド議会、国連高等弁務官への請願人権のために、中国のFalunGong開業医からの強制臓器収穫の即時終了を要求する。

署名者である私たちは、中国で法輪功学習者を拘束したことによる臓器摘出の証拠に警鐘を鳴らしています。 私たちは、人道に対するこの犯罪の主な犠牲者として拘束された法輪功学習者からの強制臓器摘出は、並外れた、前例のない形の悪であることを理解しています。 法輪功学習者からの強制臓器摘出を終わらせることで、中国でこの犯罪の対象となる他の少数派グループ、ウイグル人、チベット人、ハウスクリスチャンからのこの非倫理的な慣行も終わらせることを願っています。

インド首相、首相官邸(インド)、法務省(インド)、外務省(インド)、国家人権委員会(インド)、インド議会、国連高官にお願いします。人権担当委員:

1.中国共産党に、中国で拘留されている法輪功学習者からの強制臓器摘出を直ちに終了するよう要請してください。
2.この人道に対する罪に関与した加害者の起訴につながるさらなる調査を開始してください。
3.法輪功学習者からの臓器不法摘出の根本原因である法輪功の残忍な迫害を直ちに終わらせるよう、中国政府に要請してください。

この請願を支持するためにあなたの署名を提出してください:

署名者である私は、署名した声明の原本またはコピーをインド首相、首相官邸(インド)、法務省(インド)、外務省(インド)、国に提出することに同意します。人権委員会(インド)、インド議会、国連人権高等弁務官、国連人権評議会、世界保健機関、移植協会、および中国での非倫理的な臓器収穫の残虐行為を阻止するためのその他の信頼できる組織。

あなたの連絡先情報は、この請願の文脈での提示にのみ使用されます。 あなたの連絡先情報が他の第三者に開示されることはありません。