メディア、臓器摘出、中国:イーサン・ガットマンへのインタビュー

シェリー・B・ブランク著受賞歴のあるジャーナリスト兼作家が、中国での強制臓器摘出に関する国際的な報道をレビューしています。 Ethan Gutmannは、「The Slaughter」(Prometheus、2014年)および「Losing the New China」(Encounter、2004年)の著者です。 彼は、ウォールストリートジャーナルアジア、インベスターズビジネスデイリー、ウィークリースタンダード、ナショナル…などの出版物のために中国の問題について広く書いています。