「虐殺」:中国の違法な臓器売買に光を当てる

PAM MCLENNAN著、大紀元時報臓器には多額の資金があり、中国は2006つ以上の方法で殺害を行っています。 中国での法輪功学習者の強制臓器摘出の申し立てがXNUMX年に初めて明らかになったとき、米国の作家でありベテランの中国アナリストであるイーサン・ガットマンは懐疑的でした。 しかし、彼が会った後、それは変わりました…